その他雑記

松皮カレイと星ガレイの見分け方

あ、さて、さて、さては南京玉すだれ。

カレイと言うとヒラメより安いイメージを皆様お持ちかと思いますが、

そうなのかい?

本当に・・・安いのかい・・・・・?

否!!!!

冬場はともかく、夏場に関しては、一部のカレイとヒラメの相場は逆転します。理由は簡単。

夏場はカレイの方が美味しいからです。

刺身で美味しいカレイは主に3種。

城下カレイに代表されるマコガレイ。こちらは日本各地で水揚げがあり、透き通った上品な身が身上。他の2種よりも簡単に見分けが付くので特に問題ありません。

問題は星ガレイとマツカワガレイの2種。

↑は松皮ガレイ マツカワカレイ。
↑は星カレイ ホシガレイ。

この2種がとても見分けづらいんですよね。特にホシガレイなんかは幻の魚なんて言われているくらいですから、料理人をやっていても見る機会はほとんど無いかと思います。

どちらも冬に旬だとか、夏に旬だとか、北海道でよく取れるだとか、いやいや、星カレイは西の魚だとか、星カレイは白身の王様だとか、松皮こそ幻の魚だとか、調べれば調べるほど色々な話が出てくるんですが、それだけみんな殆ど扱ったことのない魚と言うことでは無いでしょうか。

まぁ、個人的には松川も星も秋口に身がグッと良くなる印象はありますが。

で、肝心の見分け方なんですが、この2種はヒレの模様に違いが出るんですよね。

これは引っくり返した松川カレイのヒレのアップ。

ひっくり返すと良く分かるのですが、松川カレイはヒレの黒色が縞模様。星カレイはヒレの黒色が斑点模様なんですよね。

まぁカレイの見分けがついたからなんなんだ?って言われそうですけど、こうゆうのは忘れた頃にふと役に立つものですから、是非是非心の奥底にしまっておいて下さいまし。

まぁ、大抵どこにしまったか忘れてしまうもんですがね。

では、では、皆様、カレイな毎日をお過ごし下さいませ、オホホホホホホ。

マコガレイ(城下カレイ)・星カレイ・松川カレイという華麗な魚マコガレイ 松川カレイ 星カレイ 見分け方 刺身 産地 食べ方 値段 城下カレイ...