ハ行の魚貝類

焼きハマグリの作り方

蛤はそのまま焼いても口を開きますが、口を開いた際に煮汁が溢れてしまいます。なのであらかじめ蛤を開いておきます。

口を開いた蛤は、流水でさっと洗い流し、再び殻に戻します。

ちなみに蛤をそのまま焼く(殻から外さない場合は)蝶番の継ぎ目をハサミか包丁で切っておきましょう。

この部分は比較的柔らかいので、出刃包丁などでも切り離すことが可能です。

こうする事で、殻が勢いよく開いて蛤の出汁が溢れるのを避けることが出来ます。

醤油と酒を垂らし、そのまま火にかけましょう。天火でも下火でもどちらも要領は同じです。

蛤がプクッと膨れたら裏返し、全体に火が通れば焼き上がりです。

醤油の焦げた風味がなんとも食欲をそそります。

ん、んまい。